こうもり駆除はどのようにすれば良いのか - こうもり駆除方法をご存じですか?
  • こうもり駆除はどのようにすれば良いのか

    こうもり駆除を行うには、まずはこうもりの生態を把握することが大切です。

    現在日本で最も数が多く、一般的とされるこうもりは、アブラコウモリという種類です。



    身体がせいぜい4〜6cmと非常に小さく、少しの隙間からも家の中に侵入することが出来ます。
    そのため、こうもり駆除やこうもり被害の予防として根本的なことは、こうもりの侵入口や好みそうな居場所を塞ぐことです。
    屋根裏に通じるような隙間、シャッターの戸袋などはこうもりの好む場所です。
    こまめにチェックし、隙間を塞ぎます。ちなみに、こうもりがいる場合には周囲の地面に悪臭のする糞が点々と落ちていますので、すぐに分かります。
    侵入口を塞ぐ場合にも、こうもりを全て家から追い出してから塞ぐことが重要です。


    夕方からの数時間程度が、こうもりが巣から出て外で活動する時間帯です。


    その間を狙って、戻ってきても家に入れないように作業をするか、あるいは煙が出るタイプの燻煙剤や蚊取り線香などを焚いてこうもりを外に追い出してから侵入口を塞ぎます。
    こうもりの繁殖期である7〜8月や、冬眠に入っている冬から春先までは、追い出すのが困難になるので、避けた方が良いでしょう。



    こうもりの糞はとても臭いますし、衛生的にも良くありません。


    直ぐに何とかしたいところですが、その一方で、こうもりは鳥獣保護法によって保護されている保護動物です。

    そのために、捕まえたり殺傷したりということは出来ません。



    こうもり被害に対応する場合には「こうもり駆除」というよりは、あくまでも「こうもりの撃退」ということが対応方法となります。